FC2ブログ

革小物を手作り 作り方を変えてみます

革小物・レザークラフト
10 /05 2018
こんにちは
Mocoのちなつです
革小物を作っています♪


私の作る革小物は、
ヌメ革を使って、自分で染色している物がほとんどです


今まで使っていた染料は、
一般的にレザークラフト用に販売されている水性染料です
水で薄めて使っています


カービングを入れることもありますが
その時も、革を水で濡らしてからカービングを入れます


そうするものだと教わったし、
本やネットの情報を見ても、そう説明されているものが多いと思います


ただ、最近私は水を使うのは良くないという情報を見つけました


ネット上の情報
すぐに鵜呑みにはできません
ということで、半信半疑ながら自分で試してみました


その結果は…
革小物を手作り 試した結果


あ、写真が下手で違いがよくわからないですね


オイルは、動物性のものも植物性のものも
革用として売られているオイルを使用しています


水またはオイルを革に染み込ませた状態で
スタンピングなどをして、その後染色しました
染料は、今まで使っていた水性の物ではなく
一般にはあまり出回っていない
濃度の濃い染料を使用しています


まずは、スタンピング(模様を革に打ち込む)の感触
これは、正直水が一番やりやすいです
オイルの方が、強めに叩かないと少し薄い感じになります


次に色の入り具合
これは、オイルの方が格段に発色が良いです!
水は…革が水分を含んでいる分、同じ濃度の染料で染めても薄い
色が薄いのは、何度も塗り重ねることでカバーできますが…
薄さだけでなく、色の鮮やかさも違います


写真ではわかりにくいのですが、
実物は、水だけ染料の濃度が違うのかと思うくらい薄いんです


さらに、スタンピングと染色が終わった後の革の状態
これも、水ではなくオイルの方が革が滑らかです
3つとも同じ革を使用していますが
見た目の表面の滑らかさ、さわった時の柔らかさ
どちらもオイルの方が上です


ここまでで、水を使わない方が良いというのは
本当っぽいな…というのは、実感しました


では、オイルを使う場合、植物性と動物性どちらが良いのか?


これも、写真では伝えにくいですが
刻印を打った時の感覚は、
植物性の方が少し模様が入りやすい印象でした
動物性のものが、1番力を入れて叩かないといけない感じでした
ただ、仕上がりで1番良さそうに感じるのは、動物性の方です


やはり、革って動物の皮からできていますので
動物性のオイルが相性が良いのでしょうか^^


ただ、私は動物性オイルと植物性オイル
両方をブレンド?して使うのもアリなんじゃないかと思います
(それは、まだ試していないので何とも言えませんが…)


とりあえず、水を使わなくても
スタンピングやカービング(模様を入れる)もできるし
染色も問題ない…むしろ発色が良いということが分かったので
(一般的な水性染料では試していないので、わかりません)
今後作る作品は、オイルを使うようにしたいと思います


より良い状態の革小物をお届けできるように
頑張っていきたいと思います♪




↓ポチで応援して頂けると、明日の励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


革・革小物 ブログランキングへ


↓作品を出品中です、ご覧になってみて下さい








↓Twitterもフォローよろしくお願いします♪



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Moco(モコ)  ちなつ

Mocoの革小物を手作りしている、ちなつです。
私の作品は、上品で大人カワイイ革小物を日常に♡というコンセプトで、大人の女性が普段使いしやすい物を作っていますよ♪
デザインを考えて型紙を作るところから、全て自分で手作業でしています。
楽しんで頂けたら、とても嬉しいです!